スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クマー

2008/09/05 23:28
先日、テディベアを2匹ゲットしました。
1匹の定価7000円でした・・・・
いや、これがね、もうハンパなく可愛いんです!
小さい子にはニットのお洋服を着てもらって、
大きい子にはベーシックな感じでおリボン付けてますvv
私の部屋はぬいぐるみが多いので、
ベッドに1mくらいの特大が一人と、箪笥とカーテンの上と、
クローゼットの中と(・・・)たくさんあるのですけど、唯一お洋服を着てる子がこの小さい子なのですよ。
もうね、可愛すぎて吐血する。はぁはぁ
本当は2万くらい出して海外作家様のテディが欲しかったのですけど
予想を上回る以上に予算オーバーでしたw
グルーミーのピンクでヘビーブラッドが欲しいんですけど、彼氏に取って貰えるまで諦めませんw
諦めたらヤフオクですw


そういえば昨夜、『介護施設で看取るということ』という本を読みました。
普通の本屋さんで3週間くらい前にタイトル買いしたもので、介護の仕事をしている身としては
とっても大きな一つのテーマなのです。
ターミナルケアといって、患者様が亡くなられる前の元気な頃から、体調不良・特変・急変・死亡と、
それまでにある過程としてのケアがあるのですが、
今回呼んだ本には、その、最期に看取ることを前提で書き進んでいるわけです。
日本中にたくさんの老人介護施設がある中で、その特例を出しているのですが、
最近の施設はいろいろとよく考えているもので、
食堂・リビング・ホールなどのたくさんの方々が集まれるところに、葬儀に送るまでの安置をしている所があったり、仏壇を置いていたりしているそうです。
普通、病院や施設というものは絶対に玄関から目立たない場所や、裏口などに霊安室を設置しているものです。
それを、読み始めたときは、ありえないこんなの・・・!と思っていましたが
利用者様や患者様からしたら、安置室などに遺体を安置していることがイミフだそうです。
読み進めていく内に一般人の方には自信を持ってわからないと言える、理由や気持ちが見えてきましたが、
変な自身や過剰な考えではなくて、患者様に接しているからこそわかるというか・・・
あぁ、私自信を持って専門職に接しているんだなっていう自覚が持てます。
あまり文章を書くのが上手いほうでは無いのでまた誰かさんにバカにされそうな気もしますけど。

私、このまま介護の仕事を続けていきたいなって再度思わせてくれるような本でした。
スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:


Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する




くまさんが血だらけにならないように気をつけてください><



高いな!!!
くまにそんなお金だせないww
わたしがくまに洋服着せてたら気持ち悪いわw
まぁ人によって物の価値って全然違うからね~。
ていうか、そのテディベア写メって載せてよ~!



>斬さん
ちょっwどういう意味wwww血だらけにはしませんww

>しょこちゃ
今度写メ撮って載せるから可愛いって褒めてあげてね(*´д`*)
でもしょこちゃ何気にフィギュアとか持ってるよね・・・
どんどん遠くなるしょこちゃGJ



Trackback

Trackback URL:



 Home 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。